メインイメージ

お知らせ一覧

医師会長あいさつ
  鳥栖三養基医師会 会長 原田良策

鳥栖三養基医師会の皆様には、ひとかたならぬ御厚情を頂きありがとうございます。

特に、昨年6月からの新水曜会のメンバーと新理事の16名で「チーム鳥栖三養基医師会」として、医療・福祉・介護・看護師育成のために一致団して平井前会長の方針を継続して活動したいと願っております。

また当地区は、医療・福祉の面では佐賀県の東部医療圏であり、久留米地区医療圏と重なっており、佐賀県医療圏ばかりでなく福岡県医療圏と密接に連携しております。つまり東部医療圏は 鳥栖三養基の病院はもちろんのこと、久留米大学病院・久留米大学医療センターをはじめ、久留米地区の大病院と連携した医療圏の中にあります。現実は、東部医療圏から久留米地区医療圏への患者様の流出は高度急性期・急性期の割合が高くなっているようです。佐賀県のピカピカリンクも久留米診療ネットワークのアザレアネットとリンクは可能となり、医療連携も地域医療圏の枠にとらわれず進んでいっているようです。

鳥栖三養基の小中学校の腎臓検診・心臓検診には久留米大学の小児科の先生たちに大変御尽力をいただいております。平成30年度より県立高校の生徒の心臓健診は鳥栖三養基医師会より佐賀県医師会の佐賀県健やか健康づくり財団に移り、学校検診事業が行われております。佐賀県健やか健康づくり財団は佐賀県の検診事業の充実をすすめていて、鳥栖三養基医師会も協力できるところは協力していきたいと思います。

また鳥栖市より委託された鳥栖休日センターは内科診療・小児科診療・外科診療を行っております。2次病院として鳥栖市内の病院も待機していただいております。

小児外来診療では、当地区小児科の先生や、久留米大学の小児科・小児外科の先生たちに大変お世話になっています。 3歳未満の小児の場合、高熱や、嘔吐・脱水などの症状の場合、どうしても一次診療も久留米市内の総合病院に受診されておられます。せめてそのうちの何割かでも日曜・祝日は鳥栖休日センターで小児の1次診療ができるような体制を整えていけたらと思います。

鳥栖休日センターの予算は毎年鳥栖市議会を通じて決まるので医師会の思うようにはいかず、歯がゆい思いをしている次第ですが、医師会の先生たち・大学の先生たちが診療しやすいように努めたいと思います。久留米市内の病院は別として、佐賀県東部医療圏の鳥栖休日センターは久留米大学病院より車で約10分しかかからず、久留米市内におられる医師の先生たちの非常勤の勤務の場所としては、最適の立地ではないかと思います。

ところで、鳥栖三養基医師会学術講演会を毎月第3月曜日に「ホテルビアントス」にて開催しております。平井前会長の考えで、「最先端の研究を専門の教授に講演していただこう」ということで、久留米大学の教授の先生がたには大変お世話になっております。

また隔月の第2火曜日には、鳥栖三養基医師会講堂にて専門性の高い第一線の先生たちの講演をクリニカル セミナーとして開催しております。

学術講演会・クリニカル セミナー の開催前には、医師会事務局より 毎回FAX が会員の先生たちに送られてくると思います。ぜひ講演会・クリニカルセミナーに御参加くださるようにお願い申し上げます。学術講演会では、情報交換の場があり、医師会員相互で交流を深めていただきたいと思います。三師会の先生たち・他地区医師会の先生たちも来られておられます

介護の面では在宅医療連携システムの構築があります。医療と在宅・介護連携事業におきましても東部医療圏の地域包括ケアシステムは都市型に近く、介護施設が在宅より比重が高い状況です。鳥栖三養基地区は診療所が日本では多い医療圏であり、特に東部医療圏では、介護施設や在宅での看取りの問題は、<病院~在宅><病院~施設><在宅~施設>など医療・介護のネットワークシステムの構築が大事だと思えます。特にかかりつけ医の役割は大きいと思います

かかりつけ医と患者様とのしっかりとした信頼関係が大事で、ケアマネジャーを中心とした介護そして、後方支援病院がその下支えをしてくれるということが大事だと思います 。後方支援病院の役割は大きいと思います。看取りの場合、一番ポイントは訪問看護ステーションの役割でしょう。訪問看護ステーションの充実を鳥栖市行政の方も今以上に力を入れていただけたらと思います。看取られる患者にとって、かかりつけ医と訪問看護ステーションの看護師とのがっちりとした連携は心強い支えになるものと思います。

看取られる患者様側にたつと医療者に見放される心配の不安をなくすためにも、医療と在宅・介護連携は必要だと思います。

看護師育成の面では、今年は鳥栖三養基医師会高等専修学校も50周年を迎え、10月12日鳥栖三養基医師会講堂にて記念式典があります。これはひとえに教職員・講師・実地指導者の長年のご協力のたまものでもありますが、鳥栖三養基医師会の先生方の力強いささえがあったためと思います。これからも鳥栖三養基医師会高等専修学校の多くの卒業生が医師会会員の診療所の看護師として、鳥栖・みやき町・基山地区の介護施設の看護師として働いて、地域の活性化のために活躍されることを願っております。

所在地

住所 〒841-0062 佐賀県鳥栖市幸津町1923
TEL 0942-83-2282/FAX 0942-85-1177
URL:  http://tosumiyaki-ishikai.com/
MAIL: tmisikai@bronze.ocn.ne.jp

WEBからのお問合せはこちらから

Copyright© 2015 佐賀県内の医師会【鳥栖三養基医師会】 All Rights Reserved.